2011年10月17日

フリーローン比較

フリーローン比較をしてみましょう。三菱東京UFJ銀行のフリーローンは多目的ローンという呼ばれ方をしています。

最高300万円、最長10年の借り入れが出来ます。

フリーローンの金利は変動金利になるため、申込時に確認を取るようにしましょう。

だいたい7%ぐらいのようです。

事業性資金や投機性資金にはフリーローンは利用が出来ませんので注意が必要です。

フリーローンを比較する際には、りそな銀行やみずほ銀行、ソニー銀行など人気の高い銀行フリーローンと金利を比較してみるといいでしょう。

それぞれの銀行で金利が変わってきますから。


2010年12月21日

その他のローン(住宅ローンなど)

三菱東京UFJ銀行カードローン」をはじめとする「銀行系カードローン」は、「改正貸金業法」の施行前から低金利として人気があります。

「三菱東京UFJ銀行カードローン」の「バンクイック」は、同銀行を代表するローンとして親しまれています。

カードローンの大きな魅力は、無担保・無保証人で借りられることで、しかも使用目的が自由ということもありがたいことです。

この「使用目的自由」の資金として「フリーローン」があり、しばしばカードローンと混合されることもあります。
また、カードローンも「広義」のフリーローンに分類されるという説もあります。

「三菱東京UFJ銀行」にもフリーローンがあり、「三菱東京UFJ銀行カードローン」とは少し内容が違いますが、旅行や引越などの資金として人気があります。
最高限度額300万円・最長10年で、しかも無担保・無保証人で借りられることが大きな魅力です。

また、「住宅ローン」を1年以上借りている人が、同じ店舗で新たな借入をするときには金利を年1.0%優遇する「ローン金利優遇サービス」もあります。

三菱東京UFJ銀行の「住宅ローン」などは大手という安心感もあり、相談会なども行ってますので「住宅ローン」を検討している方はいいかもしれませんね。

そのほか「三菱東京UFJ銀行」には「マイカーローン」「教育ローン」「リフォームローン」といった目的別のローンもあり、利用者から重宝されています。

返済方法


【「三菱東京UFJ銀行カードローン」の返済方法は】

「三菱東京UFJ銀行カードローン」のことを「バンクイック」と呼んでいます。
この「バンクイック」の返済方法には「ATMによる方法」と、普通預金口座からの「自動支払いによる方法」の2種類があります。

カードローンの特徴はATMを使って借入や返済ができることですが、「三菱東京UFJ銀行カードローン」の場合も例外ではなく、提携銀行やコンビニのATMの利用ができます。

返済のためのATM利用は、借入時と同様、時間外手数料・利用手数料ともに不要です。
ATMでの最低返済単位は、「三菱東京UFJ銀行」では1円、コンビニでは1,000円に設定されていますが、一部のATMでは硬貨の扱いができませんのでご注意ください。

また、「三菱東京UFJ銀行カードローン」の返済は、所定の手続きをすることで、普通預金口座からの自動支払いによる返済もできます。

借入返済期日は、「35日ごとの返済」と「毎月指定日での返済」の2種類から選ぶことができ、借入開始後に変更することも可能です。
もし、返済期日についての指定がない場合は「35日ごとの返済」扱いになります。

返済期日前の返済をすることや、一括返済をすることもできますので、詳細については「第二リテールアカウント支店」まで照会することをお勧めします。

     

借入方法

【「三菱東京UFJ銀行カードローン」の借入方法は】

「三菱東京UFJ銀行カードローン」のことを「バンクイック」と呼びます。
この「バンクイックカード」を「テレビ窓口」か「郵送」によってカードを受け取ると、ATMを使っての借入が可能になります。

「三菱東京UFJ銀行カードローン」の借入が可能なATMは、提携銀行やコンビニにも設置されており、いずれも時間外手数料・利用手数用は不要です。

また、最低借入単位は1,000円、1日あたりの利用限度額は50万円に設定されています。
ちなみに、ATMでの1日あたりの利用限度額は、個人のローン利用限度額の範囲内で設定することができます。

「三菱東京UFJ銀行カードローン」の借入には、指定口座への振込方法もあります。
借入申込時に「三菱東京UFJ銀行」の口座開設の必要はありませんが、既に口座を持っている人は、電話かインターネットで申し込むと「口座振込」による借入が可能になります。

「バンクイックカード」が届く前に融資を受けたいときには、「振込サービス」が利用できると大変便利です。
また、「テレビ窓口」でカードを受け取ると、即日融資が可能になります。

「バンクイック」には、クレジットカードや公共料金の自動支払い等に起こる普通預金の残高不足を自動的に補う「自動融資機能」は付いていませんので注意してください。

申込方法


【「三菱東京UFJ銀行カードローン」の申込方法は】

「三菱東京UFJカードローン」の申込方法は、インターネット、モバイル、電話、FAX、テレビ窓口、郵送、窓口のなかから選ぶことができます。

ここでは、インターネットによる「三菱東京UFJカードローン」の申込方法をまとめてみました。

インターネットでの申込は、サイトの「お申込みボタン」から申込手続きができます。
そのとき、カードの受取方法について「テレビ窓口での直接受取」か「郵送」のどちらかを選択してください。

インターネットでの申込後、「仮審査結果」の連絡がメールで届きます。
回答時間は、平日9:00~21:00、土・日・祝日9:00~17:00(12/31~1/3を除く)ですが、受付時間によっては翌日以降になることもあるので注意が必要です。

「簡易版申込書」に必要事項を記入後、本人確認書類などの(写)を郵送かFAXします。
急ぎの場合は、ATMコーナーなどにあるテレビ窓口で所定の手続き後、カードの受取が可能です。

学生の場合は、本人確認書類に学生証(写)を追加、また、限度額上限が100万円を超える場合は、収入を証明する書類も必要になります。

なお「三菱東京UFJカードローン」のインターネット受付は24時間365日対応で、銀行営業日の13:30までに本人確認書類などをFAXで送付すれば即日振込も可能になります。
 

カードローンの特徴

【「三菱東京UFJ銀行カードローン」の特徴とは】

「総量規制」のはたらきによって、年収の3分の1を超える借入ができなくなったこともあり、対象外となる銀行での借入が注目されています。

また「改正貸金業法」の施行により、金利の上限が20.0%を超えると処罰の対象になりましたが、銀行は以前から低金利でも人気になっていました。

さらに、全国展開する大手都市銀行が個人の顧客開拓に乗り出し、カードローンなど目的自由の融資に力を入れるようになったことも、さらに人気の秘密になっています。

「三菱東京UFJ銀行カードローン」は、年利5.1%~14.6%という低金利、借入限度額500万円、しかも迅速な審査で即日融資も可能なところが人気になっています。

「三菱東京UFJ銀行カードローン」の申込資格は、満20歳以上65歳未満の国内在住の個人が対象で、使用目的自由、無担保・無保証人という気軽さもありがたいことです。

「総量規制」により借入資格が厳しくなりましたが、学生は10万円、主婦は30万円を上限として借入可能なことも特徴のひとつです。

ただし、「三菱東京UFJ銀行カードローン」の融資を受けるためには、保証会社である「アコム株式会社」の審査に合格することが条件です。

ちなみに、同銀行系として「アコム株式会社」「株式会社モビット」のローンがあります。

低金利の銀行カードローンが最近は増えてきました。みずほ銀行やUFJ銀行をはじめとして借入先としては大変良いところが多いです。低金利で借りれる先が増えるのはいいことですね。

2008年10月29日

fx業者について

fx業者について、個人的にお勧めなのはFXプライムです。

資本力もありますし、システムも安定しています。

スペックがそれほどいいわけではありませんが、取り立てて悪いところもそれほど見当たりません。

そういった観点からもお勧めのFX業者といえます。

外国為替証拠金取引を行う際に大事なのは業者選びとリスク管理。

これらはきちんと行っておきましょう。